岐阜戦の感想

あの岐阜相手にホームで負けなかった水戸の皆さんは凄く偉いと思います(`・ω・´)

なんていう訳もなく。

細川ヨンギというCBコンビと聞いて、いろいろバレる前に試合決めてしまえうらああああああああ
と華麗な繋ぎで先制したまでは良かったんですけどね。

うん、いやその
そりゃバレるよねすぐに_| ̄|○

もう20分過ぎてからは相手のロングボールに対して防戦一方。
DFラインは下がり中盤は間延びしセカンドボールは全く拾えなくなり
グダグダオブグダグダで前半のうちに追いつかれると。むしろ同点で済んで助かったレベル。

さてこのままじゃ京都戦や千葉戦並みの惨敗だなと思っていた後半ですよ

うん?
もうロスタイムだっけ?

目の前には中盤なにそれおいしいのと言わんばかりのサッカーが
後半開始5分くらいから展開されはじめましてですねもう(´・ω・`)

その状況の上、気合いの入り方が違う岐阜にセカンドボールをすべて奪われて
もうどうしようもなく。
いやウチもがんばってはいたんですがね。

…なんで同点で終われたんでしょう('A`)

とにかく残留争いのチームとの試合がまだ2試合あるウチにとっては
先行き不安しか残らない一戦ではありましたとさ。


それでだ。
今日のスタメンCBが細川ヨンギだったのも
吉原がサブにもいなかったのも
隆行を早めにさげたのも
島田を温存して雄斗を投入したのも


すべては天皇杯ガンバ戦に照準をしぼったからですよね。




ね。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM